世界中からのアクセスの様子を見てみよう

どうも、こんにちは!しゃけきちです!

久しぶりの更新です!

 

今日は、Nomadshareのサイトにどの国からどの程度アクセスがあったかを見てみたいと思います。期間は2012年2月25日〜2013年10月7日(今日)までのものです。

さ〜て、1番アクセスが多かった国はどこの国だったでしょうか!!!

 

 

 

2012-02-25~ 2013-10-07 19.59.44

やっぱり、日本でした!

そして、Nomadshareの支部がマニラ、セブ、ダバオと3つあるフィリピンは2位でした!

フィリピン留学・フィリピン就職活動している方が増加した結果でしょう!

最近は、セブ支部が熱いようです!

1位と2位は断トツでしたね!!

 

このあたりは、予想範囲内だとして

意外だったのは、3位のアメリカですね!

シリコンバレー支部があるからでしょうか。

 

なんと、4位はタイでした!

バンコク支部があったからでしょう!(過去形)

また、そのうちタイには行くつもりです!

 

そして、感動の5位は!

シンガポールでした!マーライオンもびっくりです!

今後、シンガポールに支部が果たしてできるのか?!?

シンガポールに程近い、ジョホールバル支部ができる話もありましたが、おじゃんになりました!残念!

 

意外に、6位はなんとオーストラリアでした!

誰もオーストラリアのエントリなど書いていないのですが、上位です!

フィリピン留学後、オーストラリアに留学やワーキングホリデー(ワーホリ)などで行き、Nomadshareにアクセス!!というようなノリでしょうか!

 

以下の順位は省略します!!

 

今後も、世界中から熱いアクセスお待ちしております!!!

ありがとうございました!!

しゃけきち

 

カテゴリー: Entry, Syakekichi | コメントをどうぞ

マニラ支部からたいせつなおしらせ。

こんにちは!
新年1発目の更新は、マニラ支部のMakoです★

このたびはたいせつなおしらせがあって
ブログを更新しています。

2011年5月にマニラに飛び出してきた私のフィリピン生活も
2013年4月をもって終わることになり、
だんだん近づく帰国にいろんな感情がぐちゃぐちゃとしています。

2012年2月より運営してきたノマドシェアマニラ支部の拠点も、
1年を迎える来月をもってどうしようか、ずっとメンバーと考えてきました。

いろんなひとが相談に乗ってくれたり、
いろんなひとが助けてくれたおかげで、
2月以降も別の拠点にはなりますが存続することが決まりました!!

一時はマニラ支部終了か!?という話の流れになっていて
ヽ(TДT)ノウワーン!!となっていましたが、
メンバーの入れ替えを経て2月からまた別のかたちで
マニラ支部が活動再開できそうとのことです。

私は今月をもちまして、マニラ支部のメンバーからは抜けさせていただきます。
そうはいってもノマドシェアプロジェクトのメンバーではありつづけますので、
今後ともこうして情報発信やいろいろな活動を通して、
ハッピーをシェアできたらなーって思います。

ご挨拶はまた改めてさせていただきます!
とりあえず存続が決まったとのことで一安心です★

みんな、これからもよろしくね!!

Mako

カテゴリー: Information | コメントをどうぞ

銀行口座を作ってみた。

どうも、面倒な手続きが苦手な @yujinyoshimura です。
観光客などにはあまり関係のない話ですが、フィリピンでビジネスをするとなると必ず行うことのひとつが銀行口座の開設。
特に日本の銀行と違う点が多々あるので、煩わしく感じます。
今日はそんなぼくが銀行口座を作った時の話をします。

フィリピンの銀行の種類

大きく分けて2種類の銀行があります。

【Commercial Bank – 商業銀行】
日本での普通銀行のようなものです。
口座への預貯金や振り込み、公共料金の引き落とし、給料の入金など、銀行の主な業務はだいたいできます。

フィリピン最大の商業銀行、Metrobank。割と混んでます。

【Savings Bank – 貯蓄銀行】
日本で例えるなら、ゆうちょとか信用金庫とかってイメージのほうが近いです。
預貯金がメインの銀行で、民間企業との取引がなく個人の口座ばかりです。
預金の利率は商業銀行より少し高めで、最低残高も低めです。

フィリピン最大の貯蓄銀行、PS Bank。割と空いてます。

おまけとして、送金だけが目的なら質屋でもできます
ただ、質屋では口座は作れないので、今回の記事では省かせていただきます。

どの銀行を選ぶべきか?

銀行口座を開く目的にもよります。
預貯金と公共料金の支払いのみを目的としているなら、貯蓄銀行でも問題ありません。
他にも銀行口座で行うことがあるなら、商業銀行を選びましょう。

なお、フィリピンには銀行の数が3桁以上あります。
まかり間違っても弱小の銀行などで口座を作らないことを強くお勧めします。
一応、PDICに加盟している銀行であれば、仮に銀行が倒産しても定められた上限までの預貯金は保証されますが、他にも支店数が少なかったりすると、いろいろ支障をきたします。

フィリピンの銀行ランキング。ここに載ってるのは大手です。
口座を作るなら、このランキングから選ぶのが無難でしょう。
PDICから、上限50万ペソまでの預貯金を保証しますとの証。

個人的には、日本とのやり取りを行うのなら Metrobank が便利です。
何よりも、Metrobank は東京と大阪に支店があるのが重要!
日本からフィリピンへの送金も、Western Union 等と比較すると割安でできます。
多国間でのやり取りを行うなら Citibank などの選択肢もありますが、フィリピンでの支店が少ないのが難点。
ぼくが口座を作ったのも Metrobank です。

Metrobank 東京支店
Metrobank 大阪支店

ATMについて

べつに支店が少なくても、ATMがあればいいじゃないか!と思っている人へ。
残念なお知らせ:フィリピンはATMの普及率が低く、台数も少ないです。
残念なお知らせ:フィリピンの銀行間でATMを提携しているのは稀です。
提携しているのは、同じ Metrobank Group である Metrobank と PS Bank の各ATMぐらいです。
なので、ATMを利用しようと考えてる人は、利用している銀行のATM機がどこにあるかを把握しましょう。

ATM機。各銀行ごとによって仕様が違います。
ATMカード。本名を間違えられてるのはご愛嬌(笑)

もう一点。
ATM口座の場合でも銀行によって、預け入れは支店に行かないとできないとか、一定の金額以上の引き出しは支店に行かないとできないとかの制限があります。
ただ、自分の口座がある支店以外でもOKなのは、通帳口座との大きな違いです。

銀行を選んだら、いよいよ口座を作りましょう。

口座開設に必要なもの

おおざっぱに言えば、身分証明書2通・身分証明書のコピー2通・初期預金の3点です。

Metrobank の場合、必要なものは以下のとおりです:

  • 証明写真 2インチ×2インチ(約5cm×約5cm)・・・ 2枚
  • 有効な身分証明書 ・・・ 以下のリストから2通
    • Passport - パスポート
    • Drivers License - 運転免許証
    • SSS ID (デジタル)
    • PRC
    • Voters ID - 有権者証明書
    • Postal ID - 郵便証明書
    • NBI Clearance - 犯罪履歴証明書
    • Police Clearance - 犯罪履歴証明書
    • Senior Citizen ID - 高齢者証明書
    • Seamans Book - 船員手帳
    • Permit to Carry Firearms - 銃器携帯許可書
    • 学生の場合のみ: School ID and Birth Certificate - 学生証と出生証明書
  • 上記の身分証明書のコピー ・・・ 1通ずつ、計2通
  • 初期預金
    • ATM口座の場合 ・・・ 2000ペソ(約4000円)
    • 通帳口座の場合 ・・・ 10000ペソ(約20000円)
    • 米ドル口座の場合 ・・・ 500ドル(約40000円)+6ヶ月以上の既存の口座
    • 小切手口座の場合 ・・・ 10000ペソ(約20000円) +6ヶ月以上の既存の口座

面倒ですね(汗)
銀行にもよりますが、だいたい身分証明書2通はデフォルトのようです。
証明写真はMetrobank以外では聞かれませんでした。
そしてMetrobankでも、証明写真の代わりに身分証明書のコピーを多めにとって切り抜くことで対応できました(笑)

Q. 日本のパスポートは身分証明書で使えますか?
A. 銀行によります。銀行によっては、使える支店と使えない支店があります(苦笑)

フィリピン政府発行の身分証明書ばかりの中で、日本政府発行のパスポートが使えるかは重要なポイント。
銀行や支店によって使えるところと使えないところがあります。
使えない理由としては、「フィリピン政府発行ではないから」という理由と、「署名が英語じゃないから」という理由の2種類があります。

そうなんです、フィリピンの銀行で口座を作ろうとすると、英語の署名が必要なんです(汗)
フィリピンで何かしらの身分証明書を作る際は、英語の署名で作っておいたほうがよさそうです。
そしてこの英語の署名、預け入れや引き出しの際に必ず必要になりますので、慣れてない人は練習しておきましょう。

預金入金票。記入が面倒ですが、頑張りましょう。
口座番号・口座名義・金額・署名さえあればOKです。

日本のパスポートを利用する場合、もうひとつの身分証明書はフィリピンの住所が記載されてるものにしましょう。
フィリピンの出生証明書がないと発行できないIDなども多いので、日本人にはハードルが高いかもしれませんが、お勧めは運転免許証かSSS IDです。
Recto あたりで作れる偽造身分証明書の使用はあまりお勧めしません(汗)

最低残高

フィリピンの銀行口座には、最低限維持するべき残高というラインが存在します。

Q. 最低残高よりも下回るとどうなりますか?
A. 毎月罰金が口座から引かれます。
銀行によって金額は違いますが、Metrobank の場合は毎月300ペソ(約600円)です。

Q. 残高が罰金の金額より少なかったらどうなりますか?
A. 残高がゼロになるまで引かれるだけです。

Q. 最低残高よりも下回ることで、ブラックリストなどの悪い記録は残りますか?
A. 安心してください、残りません。

この最低残高というのは、口座開設に必要な初期預金の金額です。
商業銀行の最低残高は高め、貯蓄銀行の最低残高は低めです。

【Metrobank の場合】
ATM口座 最低残高 2000ペソ(約4000円)
通帳口座 最低残高 10000ペソ(約20000円)
【PS Bank の場合】
ATM口座 最低残高 2000ペソ(約4000円)
通帳口座 最低残高 5000ペソ(約10000円)

そしてこの最低残高は、銀行口座を一度作ったら基本的に動かす事のできない保証金、あるいは死に金みたいな感じだと思っておいてください。
口座を解消する際には全額引き下ろせます。

ネットバンキング

まず申し上げておきますが、フィリピンは現金社会です。
ネットバンキングはほとんど普及してません。私も信用してません(苦笑)
だって、フィリピンの銀行のHPとかを見る限り、セキュリティの技術レベルとかが不安じゃないですか。
実際、以前解消したはずの銀行口座のアカウントにログインできてしまいましたから(汗)

ネットバンキングは口座開設の場合に申し込めます。
残高照会、公共料金の引き落とし、振り込みなどの他、小切手手帳の注文やローンの申し込みなどもできるようです。
申し込みの手順は、

  1. ネットバンキング申請用の書類に記入
  2. 銀行から暫定パスワードが記載された機密書類を受領
  3. アカウントが作成された旨のメールを受信
  4. 銀行のウェブサイトにアクセス、ログインをクリック
  5. セキュリティのため、パスワードを変更

といった感じです。
アカウントやパスワードは英数字のみで記号不可、大文字・小文字・数字を最低1文字ずつ使用しないといけないとか、とにかく面倒です(汗)
その割には、暫定パスワードが書かれた紙は手渡しなんですよね。セキュリティが厳しいのか甘いのか。

私は残高照会しか利用しません。
今後、銀行のHPが改善されれば、他の機能を使うようになるかもしれませんが。

 

カテゴリー: Information | コメントをどうぞ

フィリピン通信事情 Part1:Wifi環境


フィリピンの雨にやられて、若干風邪気味の@ao_kikenですどうも。
昨日はマカティにイミグレーション、ビザの申請に行ってきたところを突然の雨にやられてしまいました。

フィリピンでのイミグレの際に参考にした記事:
Nomadshare-そうだ、イミグレへ行こう in Makati

都市は交通量も多く、車の排気ガスなどの環境もあるので、雨などには特に気を付けたいですね。
フィリピンに限らず、熱帯地の雨は病気にかかりやすいとのことなので、傘や天気予報をよく確認して一日のスケジュールを立てましょう!雨は通り雨ということもあるので、時間に余裕があるのであればどこか雨宿りが出来る場所を探すのが最適かも知れないですね!

さて、今回はそんなフィリピンの通信事情を皆さんに共有できたらと思います。

フィリピンの通信事情


WiFi ZONE ステッカー。National BookStoreにて、30ペソ。


フィリピンでデータ通信、インターネットをしようと思うと方法がいくつがあります。

  • Wifi環境のカフェ、お店に行く
  • ネットカフェに行く
  • プリペイド契約、チャージする
  • ポストペイド、通信会社と契約
  • 固定回線契約を引く
  • 既存回線での国際ローミング


ざっとまとめるとこんな感じですね。今回のPart1ではWifi環境について共有したいと思います。(Part 2 はプリペイド、ポストペイドについてです 参照

バックパッカー、短期滞在、世界一周などの旅人はWifi環境のカフェなどにいって外食を済ませながらネット環境にいる、というのもひとつの手だと思います。ローコストでご飯も食べれて時間節約、一石二鳥ですね^^

国内と違ってフリーで使えるWifiの数が結構あります。個人でやってるお店から、大手だとマクドナルド、スターバックスが王道ですね。ただ、スタバは一時間100ペソかかります。

もし、Wifiフリーの場所でパスワードなどがかかっていた場合は、

『what is the password of the wifi?』
と確認してみましょう。たいてい教えてくれます。現地の英語で聞き取りにくかったり長かったりすることもあるかと思いますので、紙とペンをもって、

Can you please write the password here.』
と付け加えて尋ねるのが確実ですかね。

個人経営のCafeなどでもFreeWiFiを提供しているところはあるので、積極的に使いましょう。
大学やハイスクールの近くのCafeは、安くてWiFiもあったりするのでオススメです。

また、個人的に面白かったのが、ショッピングモールにフリーWi-Fiがあったことですね!

RockWell Center – Makati
フィリピンの六本木ヒルズ的なところ

簡単なフォームのアンケートに答えれば、Wifiがすぐに繋がります。こちらはPCでやるよりは、スマートフォンで軽く繋ぐくらいにはなってしまいますが、便利です。

他にも、メガモールなどのSM(ショッピングモール)でもFREEのWi-Fiが飛んでいたります。結構快適に使えます。

通信事情 Part2ではフィリピンのプリペイド、ポストペイドについて書きたいと思います。

では!

カテゴリー: Information | コメントをどうぞ

Nomadshare1周年

どうもお久しぶりです。サンパウロからToshi(@nenpi1986)です。

Nomadshareですが、2人のニートが田舎のファミレスで構想を練っていた頃からいつのまにか1年が過ぎてしまいました。

プロジェクトの本開始は僕ら2人がフィリピンに渡った日である9月6日でした。

このNomadshareプロジェクトを始めて1年で本当に色々な事がありました。

最初はこのブログ初めのエントリーにあるように「カネがない」「情報がない」「職がない」「コネがない」ところからのスタートでした。

そんな状態からスタートして

yuta君就職活動企画

makoちゃんmerum姉さんにnomadshareマニラ支部の引き継ぎ等々

miura君ゆらちむさん、ようしち君、ken君yujinさん土肥さんふわ氏、そしてセブのきょうしろうさん加入とメンバーもいつのまにか10人を超えておりました。

実際に会った人のほうが少ないのですが、こういうゆるやかなつながりがwebとリアルの間でうまく機能しているのかもしれませんね。

シェアハウスを上手く利用しながら情報、人のつながりを構築していくこと。勉強、仕事、ニート問わず海外あるいは国内で生きる選択肢を増やすことを目指すコンセプトは今も変わっておりません。

あまり気を張らず、ビールやコーラでも飲みながら適当に活動すっかー的なノリも変わらず。笑

しかし今まで続けてこれたのもこの企画に興味を持ってくださった方々のおかげです。

Nomadshareに興味を持ってくれた皆さん、実際に遊びに来てくれた皆さん本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いします。賛同してくれる方は気軽にメールください。nomadshare@gmail.com

これから僕自身も、ハッピーをシェアできるような活動をゆるり力を入れずのほほんと続けていきたいと思います。

Toshi

カテゴリー: Entry, Toshi | コメントをどうぞ

Nomadshare Cebu

セブには海路という選択が。

ノマドシェアセブ支部から北に車で20分リロアン、ビーチリゾートが。
バンカーボードでマクタンや周辺の島々にダイビングやアイランドホッピングに、しかも海路で。

海路という選択肢。

ワクワクしませんか?

これがビサヤこれがセブです。

ここがマニラ・ダバオやほかの都市との違いです。

たのしそうでしょ

バンカーボードって他のフィリピンマニラやミンダナオで聞かない名前でしょ?

セブでは頻出の一般の固有名詞。

南の島の青い海、白い砂浜に点々と浮かぶ補助翼つきの船なんですよ。

両翼に小さな補助がついている船どこかのテレビかで見たことありませんか?

View original post

カテゴリー: Information | コメントをどうぞ

Nomadshare Cebu

ノマドシェアセブ支部から北に車で15~20分。

リロアンという街のビーチリゾートがあります。通常セブ市からビーチリゾートに行くとマクタン方面で60分かかります。

マクタン島内でも30分かかったりします。ジープニー(簡易バス)でとろとろと海岸線を行くのも乙。湘南のように。常夏の日差しの中を。

ジープニーとは、大きなバンを改良したリゾート小型バスだと思って下さい。

扉も窓もなにもありません。ただそこにはめいっぱいの風と希望とみんなの笑顔が詰まっております。

海からの風が気持ちよく入ってきます。ヤシの木の並木をすすみましょう。牛やヤギも手をふってくれます♬

夜はスターゲイジング。あなたもスターゲイザーに。

IMG_4550

View original post

カテゴリー: Information | コメントをどうぞ

Nomadshareバンコク支部

どうも、しゃけきち(@syakekichi)です。

バンコク、チェンマイ、アユタヤとタイ国内を見てきて、あとはパタヤとプーケットぐらいかなということで

バンコクから程よく近いパタヤへ行って来ました。

アユタヤ行くよりもパタヤのほうが近いかな。

バンコクからパタヤへはバスで2時間強(帰りは1時間半ほど)で行けました。

View original post さらに61語

カテゴリー: Information | コメントをどうぞ

Nomadshareバンコク支部

先日、ラオスビエンチャンに行って来ました。
バンコクからノンカイで、バスで12時間とかかかりました。北バスターミナルから。3階のチケット売り場にて。
バスは19:30発だったかな。
2時間おきぐらいで途中休憩5回ぐらい。
夜行ではあまり寝れないのであまり夜行は乗りたくないのですが。
ノンカイからはトゥクトゥクラオスとの国境まで行き
イミグレを通って、友好橋というメコン川にかかる橋をバスで渡りラオス入りでした。
ラオスにはタイの観光ビザ取りに行ったんです。
カンボジアなどの他国でも取れるんですが、遅れるときがあると聞いたのでラオスビエンチャンで。
ビザツアーやってる会社もありますね。2900バーツ+ビザ料金で。
自力だと、バス(380B)+トゥクトゥク(100B)+ラオス入国料(9000Kip=40B)+タイ領事館までの相乗りソンテウ(100B)
+宿代(400B)+国際バス(ビエンチャンからノンカイまで。15000Kip=60B)+ラオス出国料(40B)+バス(380B)+飯代(600B)=合計2100B

2泊3日。
たいして変わらないので、自信ない方はツアー利用でもいいと思います。
ノンカイからタイ領事館までは2時間ぐらいかかったかなー。

ビエンチャンのタイ領事館でタイの観光ビザ申請に必要なもの
パスポート
・バーツ[シングル(60日間):1000B、ダブル(60日x2):2000B]
・写真(タイ領事館の前で100Bで撮影してるおっさんがいます)
・申請用紙(タイ領事館にあります、書くのめんどかったりわかんなかったらタイ領事館の前にいるおっさんが100Bで書いてくれます)
パスポートの顔写真ページのコピーとラオススタンプのページのコピー(タイ領事館の2Fにコピー機があります)

View original post さらに90語

カテゴリー: Information | コメントをどうぞ
カテゴリー: Information | コメントをどうぞ