海外でルームシェアをするということ

2011年3月日本を襲った大震災、ヨーロッパで起こっている経済危機、中東でSNSをきっかけに起こった革命群etc。

世界のいろんな場所で、様々な予想のできない(予想の難しい)出来事が起こっています。

今の時代どこで何のリスクがあるか読めません。突然自分の国で経済危機が起こり、失業してしまう。天災で家族を失う。そんな自分の身近なところで、予想不可能なリスクが起こり得るのが今の時代です。

そこで僕らは、現在の混沌とした社会を生き抜く生存戦略として、海外の色んな場所に生活の場を作ることを考えました。

人が流動的に生活拠点を変えながら、ちょっと変わった生き方を探すこと。

そうです、「ノマド」です。

ノマドとは遊牧民の意。つまり、僕らの目指すところはノマド的な人々のための環境作りです。

しかし問題点は主に4つあります。

カネがない」「情報がない」「職がない」「コネがない

このNomadshareプロジェクトは、そんな4つのハンディを抱えた僕らが、海外で生活拠点としてのシェアリング環境を作っていく、生き方の思考実験とも言えるものです。

まずはフィリピンのマニラにて、ひとつのシェア環境を構築しました。

東南アジアには月5万円以下の家が多くあります。そこにルームシェアリングを加えることで、さらに生活コストを抑えてしまう。

このプロジェクトには可能性がつまってます。と信じてます。

さぁ、Nomadshareスタートです。

Toshi

広告
カテゴリー: Entry, Toshi パーマリンク

海外でルームシェアをするということ への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 【第1回】 フィリピン就活日記 | Nomadshare

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中