【第1回】フィリピンの大学への学部留学について

こんばんわ。
マニラ支部からMako-chan(@KtmS_7hvn)です。

先ほどめるも氏(@merumochan)と共に
体長15cmほどのモスラと戦いました。
ユタ氏(@yuta1_99)は留守だったため、
女2人で絶叫しながらも僅差で勝利をキメました。
が、残骸はそのままです。

帰ってきたユタ氏にお片づけしてもらおうと考えています。

去年の5月からフィリピンにいる私ですが、
12月までマニラにあるDe La Salle Universityに通っておりました

現在TwitterなどのSNS上では
「フィリピン留学」がブームの兆しを見せていますが、
それはいわゆる「英語留学」ですね。

私はせっかく日本の大学を1年休学してフィリピンにくるというわけなので、
英語+αで専門の勉強もできればと思い、
学部留学をしたいと思っていました。

しかしながら、フィリピンにいけばなんとかなるだろ精神のもと
日本での準備一切ゼロできました!(ドヤッ

ですが、準備するに越したことはないので
その情報を共有できたらな、と思います。

語学留学する日本人が増えれば、
必然的に学部留学の希望者も増えてくると思うので。

まず、学部留学をしたいと思ってマニラに来た私のその当時のスペック

・すでにマニラにいる
・マニラに親戚あり
・TOEFL、TOEIC受けたことない
・日本の大学を休学してる
・日本の大学からの許可証ない
・日本の大学の成績証明書・在籍証明(英語)あり
・英語は日常会話、一人で手続きできる程度
・二重国籍のため観光ビザ延長、SSP(就学許可証)の取得必要なし

こんなところです。

ちなみにフィリピンの大学では授業は原則英語で行われることになっています。
もちろん説明の都合上フィリピン語が入ることもありますが、
先生と相談の上、英語にしてもらうことは可能です。(たぶん)

今回は第1回ということで必要な書類を紹介したいと思います。

学部留学とはいうものの日本から何も準備せず
学校同士の協定もないため単位互換はできません。
そのためNON-DEGREE studentとしての入学を決めました。

必要な書類はズバリこちらの
APPLICATION FOR SPECIAL STUDENT
です!!!

このファイルにも他にも必要な書類があります。

Certificate of Good Moral Character/Letter of
Recommendation from Dean of Home
School

これはいわゆる推薦書ですね。
原則日本の大学からの推薦書(英文)になりますが  
何度も言うように私は なにも準備してこなかったので
こちらで初期にほんの少し通っていた語学学校で書いてもらいました。
それで問題ありませんでした。

webサイトの推薦書のフォームをプリントして
お世話になった先生に書いてもらいました。

そのフォームが今見当たらないので
見つけ次第UPします。

Medical Clearance 

こちらはいわゆる健康診断書です。
日本の健康診断とはまた違う項目もあるため
フィリピンで取得しました。

私は田舎の親戚にお世話になりましたが
マニラで取得した友達によると
合計1000ペソほどで取得できたとのことです。

 

といったところで第1回は終わりにしたいと思います。
何か質問がありましたらコメントでもTwitterのリプでも飛ばしてください。

次回も手続きの手順について思い出しながら紹介したいと思います。
正直いって、泣きそうになるくらい大変な手続きです(涙)

ではでは。

Mako

広告
カテゴリー: Information パーマリンク

【第1回】フィリピンの大学への学部留学について への1件のフィードバック

  1. みわ より:

    来年から、ラサール大学への認定留学を考えています!
    手順はこれと同じ流れでいいのでしょうか?

    図々しいですが、参考にさせて頂きたいので
    よろしくお願いします!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中