BADO!旅プロジェクトに応募してみた

どうもはじめまして。

Nomadshare東京支部のみうらんぬ(@yuukimiura)です。

僕とNomadshareとの出会いは、Twitterから流れてきたのましぇあのアカウントを発見したこと。

すげーことを考えてる&実践している人たちがフィリピンにいるぞー!ってことで興味を持ちました。

のましぇあの考えているようなことを、ちょうどゆらちむ(@yurachim)と話している時だったので、いろいろと興奮してました。

その後もTwitterなどでのむのむ(ユタくん@yuta1_99)とやり取りをし、東京にも創りたいなって話になり、一時帰国の際に会って話して…。って感じで繋がりました。

東京支部創設は、資金面で結構辛いこともあり、まだ実現できそうにないんですけど、そのうち創りたいなって思っています。

協力して頂ける人は絶賛募集中です。

さて、本題に移らせて頂きます。

今回、BADO!プロジェクトの「世界を旅するチェンジメーカー奨学生キャンペーン2012」に応募させて頂きました。

これ、何?って思いますよね。

簡単に説明します。

奨学生に選ばれると、旅のサポート代金として最大100万円支援してもらえるというものです。

詳しくはこちらから。

http://www.bado.tv/cp2012/

Nomadshareのテーマである「世界中に帰る処を」という想いを繋げていくために、世界中の現地の生の情報を伝えていく仕組みを創りたいと考えました。

そこで考えたのが、今回の旅プロジェクトです。

世界中にある日本人宿の方と連携を深め、現地の情報をメルマガ等の方法を使って日本に伝えていく、というものです。

具体的な方法としては、日本人宿を運営している方々とお会いし、週に1回くらいの間隔で現地の生レポートを提出していただきます。そして、それを日本でまとめて配信していきます。

レポートの内容は、日本からの旅行者が増えるような内容にしようと考えています。

将来的には、日本人の海外就職のために、就職情報を伝えていければいいなと考えています。

それなら、旅の本があるじゃん!って思うでしょう。

こことの差別化としては、

1.止まっている情報ではなく、生きた情報を伝えることができる

2.よくある観光地、よくある食事処ではなく、穴場的スポット等を紹介することができる

等があります。また、長くその場所に住んでいる日本人宿の方々の情報なので、信憑性もあり、信頼できますよね。

なんでこのプロジェクトを考えたのか。

1つ目は、イスラエルで感じたこと。

僕は去年の夏にイスラエルを旅しました。

行く前のイメージとしては、自爆テロ、民族間の仲悪そう、というマイナスなイメージでした。

ですが、実際に行ってみると、自爆テロは起きないし(時期にもよると思いますが)、ユダヤ人とパレスチナ人が共存して暮らす村の存在も知りました。街の雰囲気もとてもよくて、いつか住んでみたいなと感じるまでになりました。

現地に住んでいる日本人の方とお話する機会があったのですが、日本で伝えられているようなことばかりではないとのことでした。

現地からの生きた情報が少なすぎることがこのようなギャップを生んでしまっているのでしょう。

こういったことを解消するには、やはり現地からの情報が必要だと感じるようになりました。

2つ目は、日本人が海外へ対してビビっていること。

ツアーなどで海外旅行に行くことはあるでしょう。

ですが、海外に行くにはツアーで、ということが普通になっています。

やはり海外に行くことに対して抵抗があると感じます。

そういったものを取り払い、日本人がもっと海外に対して発信していくことができれば、よりよい社会になっていく気がしませんか。

これら2つのことから、このプロジェクトを考えました。

多くの日本人が海外にactionしていけるような環境になれば、就職氷河期と言われる今の日本の就活生に新たな選択肢を提示することができ、海外就職も普通になるのではと期待しています。

また、そういった人が増えていけば、世界中にNomadshareを創っていくこともより容易になると思います。

つらつらと自分の思いを書き綴ってきました。

あなたが持っている1票が日本と世界との距離を縮める第一歩になります。

興味を持っていただいた人は、ぜひ投票してください!

1日1回投票できるので、毎日ちょっと空いた時間にぽちっとしてほしいです(笑)。

最初は登録があるので少し面倒ですが、協力していただけたらとても嬉しいです。

詳しい企画書等は、こちらのページにあるので読んでみてください!投票もこちらからお願いします!

http://www.bado.tv/cp2012s/view/41

では、ここらへんで。

広告
カテゴリー: Japan パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中